病気と健康

病気をすると健康の大切さが分かる。

私の小さい頃、叔母さんや叔父さんは癌になったことがある。あれから20〜25年程再発していないのでまず安心な感じなんだろう。因みに叔父さんは肺癌でそれ以来タバコを吸わなくなっている。

 

あの頃はタバコ外来なんてのも無かったのでタバコやめるのにはなかなか大変だったと思う。口さみしさを紛らわせる為にガムを毎日噛んでいた思い出が有る。最近会って居ないので分からないが、現在はガムに頼らなくても大丈夫になっていると思う。禁煙はかなりの意思が無いと達成出来ないと思うので癌になったことは相当大きなダメージだったんだろうな。私の場合は相当大きなダメージが会ったらダイエットに成功出来るんだろうかと自分に置き換え(;・∀・)

 

一度病気をしないと健康で居られるありがたさが分からない人間って馬鹿だな〜と思ってみたり。
私も頭では分かっていても心では分かってないので、健康にはあまり気を使って生活できてないんですよね。気を付けないと痛い目見てからでは辛いですもんね。

ホーム RSS購読 サイトマップ